情報・キャリアの教育現場をサポートするテキスト、問題集、eラーニングの開発・出版なら「noa出版」

ジョーカツファンの声 「情活教材のココが良い!」

テキスト「考える 伝える 分かちあう 情報活用力」

「ココ」が良い!テキスト採用ポイント

考える 伝える 分かちあう 情報活用力
教材の詳細はこちら

1コンセプトそのものに共感

Office操作だけが出来ても、実際の社会では役に立たない事が多い。
情報活用力を半期授業で学ぶコンセプトそのものに共感しました。

2効率の良い授業ができる

教えたい事はたくさんあるが、時間数が足りない。
情報活用力が1冊あれば、セクションごとの内容を膨らませるだけで効率の良い授業が行える。

3社会に出てから役立つ

社会に出てから役立つスキルを実践的に学べるテキストは、今までに無かったと思う。

4Rastiの単位認定に伴い導入

JAUCB(全国大学実務教育協会)の授業で情報活用力診断テストRastiが単位認定として導入されたので、Rastiの出題項目と同じセクションになっているテキストは授業に最適。

こんな風に、授業で使っています!

1初年次教育で

初年次教育の授業で採用。
課題内容にレポート作成や論文作成の内容を織り交ぜている。

2通年の情報科目で

1年生通年の情報科目で採用。
テキストに沿った流れで、数値分析など学生が苦手とするセクションは時間をかけて進めている。

継続採用の理由 ~だから、継続採用しています。~

授業がアレンジしやすい

初めて採用した年は、効率よく授業が進められるように、授業カリキュラムを提供してもらいました。
2年目からはコツもつかめたので、自作の課題も追加しながら学生の能力に合わせた授業を展開しています。

バージョンに左右されない

教室によってOfficeのバージョンが混在しているので、テキスト選びはひと苦労。
情報活用力テキストはバージョンに関係なく必要な内容なので、継続して使えると思います。

思考力が鍛えられる!

テキストの課題が、自ら考えて答えを出すような問いになっているので、ディスカッションしやすい。
学生の問題解決力が養われた。

就業力育成に有効

Office操作応用演習から情報活用力授業に切り替えてからは、就職に役立つ題材を取り入れて授業を進めている。学生も以前の授業より楽しいようだ。

NESTがおもしろい!

テキスト付属の専用WebツールNESTは常にバージョンアップされるし、機能も追加されていて使いやすい。

情報活用力教材についてさらに詳しく!

テキスト専用Webツール「NEST」

先生おすすめ機能!

インフォメーションインフォメーション機能

インフォメーション機能を使って、次の授業で必要な持ち物の連絡や、欠席者への課題提出期限の連絡などをしています。

掲示板掲示板機能

掲示板機能を使って、学生に授業についてのアンケートをしたら、予想以上に書き込みがあり驚いた。学生の意欲も感じられてうれしかった。今後も学生の意見を聞きながら、楽しく学べる授業をしていきたい。

メッセージメッセージ機能

学生が自らメッセージ機能を使って分からないことを質問してくるようになった。
NEST上のメッセージのやりとりの方が気軽にコミュニケーションが取れるし、こちらからの投げかけに返信してくる学生も多い。学生との距離が縮まった。

課題提出課題提出

課題提出の際にファイルを添付させたり、リンク先のホームページURLを貼らせたり・・・
ひとつひとつの手順を実際に体験しながら自然に情報活用力を身につけられたと思う。

補助スライド&確認テスト指導用の補助スライド&確認テスト

とにかく楽に授業できるテキストだと思います。指導用の補助スライドや各セクションの学習目標がダウンロードできるので、資料を作らなくて済みますし、セクションごとに確認テストがあるのも、楽です!

専門WebツールNESTデモサイトを見てみる!

ページTOPへ